ひと手間の一品~豚軟骨の赤ワイン煮~ 

こんにちは!手間駈です。

スーパーに買い物に行くと、

【豚バラ軟骨(煮込み用)】が売っていました。

いつもは、大根と一緒に和風なかんじで煮るのですが、

今日は飲み残しの赤ワインがあるので

『豚軟骨の赤ワイン煮』

に挑戦してみようと思います。

お買得品になってました。↓

 

まずは、塩コショウしておきます。

 

 

一緒に煮込む野菜を準備します。

今回は、セロリ・玉ねぎ・にんにくです。

 

 

調味料は、

下味の塩コショウ、

煮汁の赤ワイン・醤油・コンソメの素など…

肉を焼くときはオリーブオイルを使います。

 

 

まず、フライパンにオリーブオイルとにんにくスライスを入れます。

 

 

にんにくは、オイルに香りがついたら焦げる前に取り出します。

下味を付けていたお肉を焼きます。

 

お肉は両面少し焼き色がついたら取り出します。

そのフライパンで、玉ねぎも軽く焼きます。

 

これで、準備はOK!!!

 

 

煮汁を作ります!

圧力鍋に

赤ワイン(500ml)水(100ml)・醤油(大さじ3)・コンソメの素(2個)

 

 

煮汁の中に、先ほどの豚軟骨、にんにく、玉ねぎ、セロリを入れます。

煮汁はちょっとだけ味見して、ここで調整してください。

(圧力鍋は、途中で蓋を開けて、味の変更ができないですからね~)

こんな感じに鍋にセットしたら蓋をして煮ます↓

 

うちの圧力鍋は、昔のタイプです

今はおしゃれな圧力鍋も多いですよね~

おもりが、シュッシュシュッシュと言い出したら

15~20分ほど煮ます。

この、おもりが揺れて蒸気の出る音は、いつもこわいです。(笑)

 

 

火を止め、脱圧したら…

いざ、オープン~!!!

柔らかそうに出来上がりました。

 

 

これまた、インスタ映えしない

美味しさが伝わりづらい、茶色の食べ物ですね~…

 

 

軟骨部分は歯で噛めるほどのコリコリで、

お肉の部分はトロトロです(⌒∇⌒)

 

 

軟骨の部分、見えるかな?

 

思ったよりも、さっぱりでした。

いつもの味もいいけど、ちょっと変わって洋風な煮込みもいいですね!

おかずにも、おつまみにもできます。

美味しく頂きました。

ご馳走様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください