ひと手間の一品~手羽先餃子~

こんにちは!手間駈です。

今日は私にとって懐かしの思い出、

手羽先餃子です。

仕事帰りに先輩に連れて行ってもらった

新橋のガード下の飲み屋で食べた一品です。

当時は、鶏肉の中に餃子の具が~!!と、

衝撃&感動でした!!

賄いでも作ったりして、

マイブームの時もあったな~・・・

でも、そのあと冷凍で売っているのを見て、

なんだかショックだったなぁ~。

 

では、作っていきます。

両手で手羽先の両端を持ち、パキッと関節を折ります。

すると、関節が外れます。なんか、イタタタ…( ノД`)

 

まず細い方の骨の処理から。

細い骨と太い骨の間の腱をキッチンバサミで切り、

次に、細い骨の周りの肉や筋も骨に沿って切る。

細い骨の周りの腱や肉は、わりと簡単に剥がすことができます。

太い方の骨処理は細い骨と同じく、骨周りの腱や肉を切る。

ハサミを上手く使って、根元近くまで削いでいきます。

ねじりながら骨を抜いていきます。

こんな感じで、まさに、骨抜きにされました(笑)

手羽先も下味を付けました。

醤油・酒・みりん・生姜・ごま油で、30分くらいです。

 

次に、中身の餃子の具です。

豚ひき肉、キャベツ、生姜、ネギ

ニラを買うの忘れてしまって、、、

塩、胡椒、醤油、ごま油

良く混ぜました。

手羽先の中に、この具を空気が入らないように、

奥にグイグイ入れていきます。

皮目から焼いていきます。

美味しそうに焼けました。

つまみにも最高!

勿論、ご飯のおかずにも!!

七味唐辛子をかけて美味しく頂きました。

ご馳走様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください