駈の精進料理~里芋のあんかけ~

こんにちは!手間駈です。

毎日、寒い日が続きます。

師走も近づくと気持ちばっかりせわしくなりますよね。

段々忙しくなってきますので体調を崩さない様に気を付けて…

身体が冷えると温かいものが食べたいですね~。

今日は、スーパーで里芋を見つけたので

里芋のあんかけを作ってみようと思います。

まずは皮を六方にむいて、竹串がすぅっと入るくらいに

下茹でして、水でさらします。

余談ですが、修業時代は野菜の下処理・水仕事で、

この時期は手がよく赤切れになってました。

当時は痛かったっす。手を握ると血が出てましたしね。

里芋を剥いていたら急に思い出してしまいました(笑)

そして、煮汁をつくり、里芋を入れて煮ていきます。

煮汁割合

  • 昆布出汁  8
  • 味醂    1
  • 醤油    1
  • 砂糖   少々

コトコト煮て味を含ましていきます。

煮上げた芋の汁を切り片栗粉をまぶします。

170℃の油に投入!きつね色になるまで揚げます。

里芋の竜田揚げの完成!このまま食べても美味しいです。

占地、人参を入れて餡かけを作ります、野菜も火が入り味も出たら

水溶き葛でとろみをつけます。

また、生姜のおろし汁も少々入れます

仕上げに隠元と生姜をのせて完成!!

今回は精進料理でしたが、餡にほぐした蟹身や鶏ひき肉などで餡かけにしても

美味しいです!お好みでアレンジ出来ますね。

餡かけ

  • 昆布出汁   10
  • 薄口醤油   1
  • 味醂     1
  • 生姜絞り汁  少々
  • くず粉

熱々を頂きます。ねっとりとした芋と餡が絡まって美味しいです!

里芋を煮て下味を漬けておく事で深みが増します。

体も温まりますし寒い季節にピッタリですね。

ご馳走様でした。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください