ひと手間の一品~穴子の押し寿司~

こんにちは!手間駈です。

先日、実家からおすそ分けで煮穴子を2本、頂きました。

2本だけかよぉ…と心の中でつぶやきながら、思い出しました!!

数年前に飛騨高山に行った時に買った

押し寿司の型の存在を~!!

珍しグッズは買った時に何度か使うだけなんですよね~(T_T)

最近では出番もなく棚の中に…

よーし!

穴子の押し寿司に決定!!

先ずは、煮穴子をオーブントースターで温めました。

大葉を細かく刻みます。

酢飯に刻み大葉・白ごまを入れて合わせておきます。

これが、思い出の押し寿司の型です。

ずうーっと使って無かったので

乾燥してつなぎ目が外れていましたが、

水に浸して置いたらガッチリ元に戻りました。

用意は整いました。

 

皮目を上に向けて穴子を隙間なく互い違いに引き詰めます。

シャリを穴子の上に乗せていきます、型いっぱいに詰めました。

こんな具合にしっかりと。

さて、しっかりと押していきます!!

型から抜いた状態です。

しっかりと穴子とシャリが密着してます。

綺麗に型取られていますね。

ひっくり返して切っていきます。

盛り付けて完成です。

木の芽とかあれば尚良かったな。

今回は頂いた穴子でしたので、下処理が無い工程でした。

美味しく頂きました。

シャリの大葉や胡麻もアクセントで良かったです。

仕上げに、たれで艶出ししました。

ご馳走様でした。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください