ひと手間の一品~〆いわしと蛇腹胡瓜の酢の物~

こんにちは!手間駈です。

今日は、いわしを食べま~す。

またもや角上魚類でいわしを買ってきましたぁ。

先日、作った鰯フライもメッチャ美味しかったけど…

今回は生でお刺身・・・ではなくて、

〆いわしと蛇腹胡瓜の酢の物

を作ります。

 

先ずは、いわしはうろこをこそいで、

頭を落とし腹側に包丁を入れてワタを除きます。

氷水で手早く、血合いをキレイに洗い水気を拭きます。

三枚におろして腹骨をすき取ります。

ざるに並べ、両面にたっぷりの塩をふる。

皮側を上にしてバットなどで受け(水分が出てきます)、

ラップをかけて冷蔵庫に1時間ほどおく。

 

いわしを冷蔵庫から出し、流水で手早く塩を洗い落とし、

たっぷりの氷水で洗って身を引きしめ、ざるに上げ水気をよくきります。

深さのある容器にいわしを並べ、ヒタヒタになる位の酢を注ぎ、

冷蔵庫で50分~1時間おきます。

頭に近いほうから薄皮をむく。

うわ~、キレイにむけました!

あとは、鹿の子に切れ目を入れて

食べやすい大きさにカットです。

 

蛇腹胡瓜も仕込み、ラディッシュもアクセントに盛り付けしました。

ポン酢、酢味噌、土佐酢をチョットづつ用意して

好みで食べました。

個人的にはさっぱりと、土佐酢が好きですね(⌒∇⌒)

 

 

新鮮な鰯だったので、

アブラも程よくあり美味しく頂きました。

ご馳走様でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください