駈の精進料理~きくらげの山椒煮~

こんにちは!手間駈です。

今日はきくらげの山椒煮

昔、よく作りましたね~。

ちょっとした小鉢で提供してました。

今回は当時を思い出しながら作ります。

まずは乾燥のきくらげをたっぷりの水で戻します。

3時間くらい放置してました。

しっかり戻ったきくらげを手でちぎり細かくして一度湯がきます。

石づきや硬いところがあれば取り除いてください。

湯がけたら水にさらして水気を切って下さい。

アクセントに有馬山椒の佃煮を使います。

しっかり味がついていたとても便利な商品です。

きくらげを煮ていきます。

鍋にきくらげ、ひたひたに昆布だしを入れて、

濃口醤油、酒、みりん、砂糖、山椒佃煮を入れてコトコト。

調味料

 

きくらげ 乾燥50g 戻ったら440g位

濃口醤油   150cc

みりん   90cc

酒     90cc

砂糖    40g

山椒    20g

昆布だし

 

※お好みで加減してくださいね。

 

こんな感じで煮ていきます。

 

煮汁が半分くらいになったら、仕上がった感じです。

器に盛り付けて木の芽を飾って完成です!

ピリッと山椒の風味もあり、きくらげのコリコリ感もいい感じ。

ちょっとした箸休めですね。

山芋をおろしてとろろを掛けても美味しいです!

ご馳走様でした!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください