駈の精進料理~車麩の含め煮~

こんにちは!手間駈です。

今日は車麩で角煮風に作ってみようと思います。

精進料理では肉や魚など動物性の食材は使えないので、

植物性の食材を使い、見た目や食感を動物性の食材に似せた料理が生まれ、

これを「もどき料理」と呼んでいます。

もどき料理は、特に中国や台湾でよく見られ、湯葉を加工してハムに見立てたり、

コンニャクで刺し身を表現したり、シイタケをアワビに似せたりと色々です。

手間ログでも紹介した高尾山の薬王院で頂いた精進料理も『もどき料理』がありました。

という事で、今回はお麩で角煮です。

車麩を昆布出汁に醤油、味醂と卸生姜を少々入れて下味を漬けながらもどします。

しっかりもどします。

水気を切っておきます。

片栗粉をまんべんなく刷毛でまぶします。

豚の脂身にみたいになるので片栗は大事なポイントです。

170℃の油でカラッと揚げます。

 

煮汁分量

  • 昆布出汁   カップ7
  • 濃口醤油   カップ1/2
  • 味醂     カップ1/2
  • 酒      カップ1/2
  • 砂糖     大さじ1杯
  • 生姜     少々

大根、人参も一緒に煮て、仕上げに隠元も入れました。

味の強弱はお好みで調節してください。

辛子をのせ頂きました。片栗粉の衣がトロっとしていて豚の脂身みたいな感じ風です(笑)

我が家の面々は気に入った様子でした。

しっかり味が染みていて、ご飯が進みました!

ご馳走様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください