駈の精進料理~いこみ高野豆腐~

こんにちは!手間駈です。

今回は高野豆腐を使った

いこみ高野豆腐を紹介します。

まずは高野豆腐を湯につけて戻し、

お吸い物程度の薄味で、煮て味を含ませます。

冷めてから、キッチンぺーパー等で汁気を切ります。

真ん中に、切れ目を入れて穴を開けておきます。

(貫通してます)

後で具を詰めます。

 

きくらげ、黄色・赤のパプリカを細かく刻みます。

しっかり水気を切った木綿豆腐に上新粉、

すりおろした大和芋、少々の塩を入れて

例 豆腐の重量に対して1割の上新粉・1割の大和芋

すり鉢でよく当たります。

細かく刻んだ野菜を入れて、

いよいよ、高野豆腐の中に詰めていきます。

今回はビニールに入れて絞っていきます!

こんな感じで絞り入れていきます。

素麵つゆ位の味付けで、

出汁を沸かして用意しておきます。

※今回は精進なので昆布出汁ですが、

簡単に、めんつゆで代用するのもありかと思います。

 

射込んだ高野豆腐を静かに出汁の中に入れていきます。

ここからは弱火で沸騰しないようにじっくりと煮ていきます。

ゆっくり煮る事で中の豆腐に火も入ります。

沸騰してしまうと中の具材が出てきてしまいますので注意してください。

じっくり味を含ませた高野豆腐です。

切った断面はこんな感じです。

盛り付けてみました!

我ながら綺麗に仕上がりました。

「精進料理は手間を食べていただく・・・」

その通りです!!

しっかりと味が含んでいて

美味しく頂きました。

ご馳走様でした!(^^)!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください