駈の精進料理~はす芋とりんごのサラダ~

こんにちは!手間駈です。

今回は、はす芋とりんごのサラダを作ります!

はす芋って何?という方もいるかと思います。

はす芋は、里芋と同じサトイモ科サトイモ属の植物です。

 

葉柄部分のいわゆるズイキのみを食べるために栽培されています。

 

 

変色を防止するため、真水にさらしてアク抜きをしてください。

 

はす芋には強いアクがないため、

赤ずいきや白だつのように酢を加えた水に浸す必要はありません。

が…

アク抜きが不十分だと口の中に不快感が残りますので気をつけてください。

生の状態で使う場合は、うすく切り分けてから水にさらしても大丈夫です。

【ポイント】

濃いめの吸い物だしにみりんを加えた煮汁を作って冷やしておきます。

その中に水気をしぼった蓮芋を1時間程度浸してください。

そうすると、水っぽさがない料理に仕上がります。

リンゴを切ります。

お好みの形でどうぞ。

今回は、こんな感じに切りました。

サラダっぽくしたいので、

水切りした木綿豆腐をつぶして、

味付けはシンプルにオリーブオイルと塩コショウです。

自称…洋風白和えとでもいいますか。。。

はい、完成です!!

サラダというより和え物のような感じに見えてしまう…(^▽^;)

でも、木綿豆腐なので粗い感じがいいですね~。

以前ブログに書いた、「オレンジとブロッコリーのサラダ」の応用です。

メインではありませんが、

付け合わせ等に変わっているのでどうでしょうか?

洋風に盛り付けしてもいいですね。

美味しく頂きました。

ご馳走様でした!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください