駈の精進料理~むかご飯~

こんにちは!手間駈です。

今日はお客さんからむかごをスーパで見かけたから買ってきたと頂きました。

むかごは、山芋などにできる小指の先ほどの球芽のこと。

11月くらいの晩秋が旬で“零余子(むかご)飯”は秋の季語にもなってるそうです。

プチッとした小粒の中にも芋のコクがあり、ここはむかご飯がシンプルでイチオシです!

久しぶりに手に取りました。

前は良く扱っていましたが今はトンと縁がないですね。

プチッとした小粒の中にも芋のコクがあり、むかごご飯がシンプルでイチオシです!

という事で、取り合えず処理してご飯にでもしようかな。

先ずは、塩でぐるぐると転がして皮の表面を軽く落とすとよいと思います。

むかごはごぼうと同じように、皮の近くに強い香りがあり、

皮の近くの香りが強すぎて、少し土っぽい感じがします

回りの薄皮や汚れを取れば少しは・・・これも風味ですね。

水で綺麗に洗い、しばらくアクを取ります。

結構皮が取れるしアクも出ます。

塩・酒で味を付けます。

材料(3〜4人分)

  • 白米……2合
  • 水……380〜400cc(2合の目盛りまで)
  • むかご……100g
  • 塩……小さじ1杯
  • 酒……大さじ1杯

後は炊飯器が炊いてくれます!

小さいながらもホクホクして美味しかったです。

久しぶりに食べました。ご馳走様でした!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください