駈の精進料理~栗の渋皮煮~

こんにちは!手間駈です。

栗を知人から頂きました!

栗ご飯も食べたいけど…

ちょ、待てよ!(キムタク風に)

今日は栗の渋皮煮を作りまーす。

ボウルに栗、熱湯を入れ粗熱が取れるまで浸します。皮が剥きやすくなります。

 

水気を切り、渋皮に傷が付かないように鬼皮(外側の固い皮)をむきます。

ここからは、アク抜きをします。

 

鍋に栗がかぶる程度の水、食品用重曹を小さじ1杯入れて

中火にかけアクを取りながら10分ほどゆでます。

(水がアクで黒くなります)

火から下ろし、透明になるまで流水で流します

表面の筋を竹串で取り除きます。

結構この筋取りが好きなんですよね~

 

次は同じように、

重曹無しでの茹でこぼし作業を2〜4回繰り返します。

※回数は栗によって異なるので様子を見ながらですね!

10分ほどゆでたときの煮汁が、黒っぽい色から薄茶色になったら、渋抜き終了の目安です。

 

筋取りを何回も繰り返しキレイに出来たら仕上げです。

砂糖は剥いた栗の重量の50%を用意。(結構入れますね~)

鍋に栗を入れてひたひたになる程度の水、砂糖を加え中火にかけ

沸騰直前で弱火にし20分ほど煮込みます。

砂糖は1回で加えるより、数回に分けた方が栗に味が入りやすいです!

今回は、ほんの少し、

薄口しょうゆを隠し味で入れてみました。

 

ほっこりと秋を感じました。

美味しく頂きました。

ご馳走様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください