駈の精進料理~安納芋の栗金団~

こんにちは!手間駈です。

前回の続きです。

第二弾

今回は栗金団です。

甘いのが続いてますが、

お付き合いを、、、、

先ずは、安納芋使います。

安納芋を蒸し器で串がすーっと入るまで蒸す!

2種類ありますが、一つは自分のおやつ用です(笑)

 

 

キレイに蒸せました。

熱いうちに皮を剥きます。火傷しないように!!

 

 

このままでも、十分美味しい。

 

 

フードプロセッサーでペーストにします。

鍋にあけ火にかけ練っていきます。

 

 

さらし白あんを水で戻し安納芋ペーストに混ぜて

一緒に火にかけます。

 

 

富沢商店でお菓子に必要なもの買ってきました。

変わった物もあって楽しいです。

グラニュー糖も種類が色々あるんですねー。

 

 

混ぜて火にかけます。

 

 

こちらは、紫芋フレーク

色が鮮やかー!

 

 

安納芋ペーストの半分をよけておいて

残りの芋ペーストに水で戻した紫芋フレークを混ぜて

紫餡を作ります。

 

 

二種類の金団の生地を作りました。

 

甘露栗を半分にカット。

 

※今回は、甘露煮を使用していますが、

以前に、駈の精進料理「栗の甘煮」の記事を書いていますので

自分でも作ってみてください!

 

 

以前、富沢商店でピンクとグリーンの

小さい最中の皮を購入していました。

 

今回、こんなところで役に立つとは(笑)

ミニ栗金団最中の完成です!!

(くりきんとんもなか)漢字むずかしい…(^▽^;)

 

 

マカロンみたいで面白いものが出来ました。

 

 

盛り付けて時間が経つと最中の皮が器にくっついてしまった( ノД`)シクシク…

 

 

おもてなしの一品では喜んでもらえました。

そろそろ、白飯のおかずになるような一品が欲しいな~。

ご馳走様でした

 

追記:この材料を使って、

『栗きんとんの二段寄せ』も記事にしたので探してみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください