駈の精進料理~わらび料理いろいろ~

こんにちは!手間駈です。

長野県の方から、メルカリで直送わらびを購入しました。

いっぱい入ってキレイなわらびです。

有難うございます!(^^)!

 

さっそく灰汁抜きです!

わらび購入時に、灰も一緒に送ってくださいました。(親切な方です。)

 

よく洗ったわらびを、バットなどに並べ、灰をまぶします。

灰の量はひと握り程度、わらびが隠れるほどの量が適当です。

 

 

お湯を沸かし、わらびがひたひたになる程度に注ぎ、ひと晩置いておきます。

その時わらびが浮き上がってしまう場合は、

落し蓋などをして浮き上がらないようにしてください。

 

 

重しの代用でボールをのせて、

 

 

バットの水を捨て、わらびを流水で洗い、再度きれいな水にさらします。

 

 

水が透明になるまで、水を何度か変えてあく抜きの完了です。

水の入れた容器のまま保存してくださいね。

よっしゃー!

下処理は終わったので、ここからが本番です。

先ずは、わらびを油揚げで巻いた料理で

『信田巻(しのだまき)』を作ります。

熱湯にくぐらせて油抜きをした油揚げを開きました。

 

 

昆布出汁ベースの吸い物につけておきます。

 

 

わらびを油揚げで巻いて、干瓢で結びます!

後は八方出汁で煮ていきましょう。

 

 

味がシミシミです。

 

 

見た目は地味ですが味は丁度良かったです!!

いつも思うところですが、

精進料理はインスタ映えしませんね~・・・

 

 

続いては、『わらびの炊き込みご飯』です!!

細かく切って用意します。

 

 

信田巻での油揚げの端切れも投入。

 

 

ご飯の炊き汁は

昆布出汁10 薄口1 酒1の割合です。

ご家庭の炊飯器にあわせてスイッチON!

 

 

わらび三昧で、最後に『わらびのお浸し』

これこそが、本来のスタイル~

シンプルですが一番、新鮮なわらび独自の味が楽しめます。

 

 

いや~、満足・満足

ご馳走様でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください