駈の精進料理~蕾菜(つぼみ菜)の焼き煮びたし~

こんにちは!手間駈です。

買出しに行ったら、蕾菜(つぼみ菜)が売っていました。

久しぶりの再会だったので購入!!

つぼみ菜は、アブラナの一種で、からし菜の変種として

福岡県で品種開発されたようです。

平成19年から市場での販売が始まった新しい野菜で栄養もたっぷり。

元々は蕾菜は中国野菜だったそうです。

 

天ぷらでは食べたことがありますが、

生でも美味しいそうです。

今回はシンプルに焼いて活用していきます!

 

まずは、半分にカット。

今回はグリルで焼き入れました。

片面が焼けたら、ひっくり返して反対側も焼きましょう。

 

焼き色がついてきたらオッケーでした。

 

 

仕上げに焦げ目を少しつけたかったのでバーナーで炙ってみました。

炙りって言葉に食欲増しますよね~(笑)

 

 

次は椎茸を焼きます。こちらも半分にカット。

 

 

サラダ油を回し入れて椎茸を炒めます。

合わせ調味料を入れて絡めていきます。

 

合わせ調味料 昆布だし 5  濃口醤油 0.5 みりん 0.5

 

 

椎茸を別の容器に入れて汁ごと少し冷まします。

そして、主役のつぼみ菜を合わせて味を馴染ませましょう。

 

 

白ごまを掛けて完成!!

 

 

さて、盛り付けです。

 

 

つぼみ菜もみずみずしくてさっぱりとして美味しかったです。

 

 

【おまけ】

素焼きのまま

ピンクソルトをガリガリして、

 

少~し、オリーブオイルをたらして

 

シンプルイズベスト!

これはもちろん、つぼみ菜の甘さも感じることが出来ました!

美味しかったです。

ご馳走様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください