『てまかける』の精進料理~編笠柚子~

こんにちは!『てまかける』です。

年末に、柚子のお裾分けをいただきました!

薬味として使うのはもちろんですが、

柚子をメインとして食べられるものを作ることにしました!

編笠柚子(あみかさゆず)です!

 

柚子を良く洗い、汚れを落とした柚子の上皮全体を

細かいおろし金で、

表面をうすく、おろします。

※すりおろした皮は、別に使いますので捨てないで!

次回のお楽しみに(^▽^)

手を卸さないように、注意です!(^-^;

こんな感じです。

半分に切り中の果肉や種を取り出します。

これが面倒な作業です。

鍋に大めに水を入れ、柚子を入れたら30分程茹でます。

柚子の大きさでは、もう少し時間がかかることもあります。

やわらかくなってきました~

湯がくときに、

切れたりしないように扱ってください。

 

半分に折り曲げても切れないくらいまで茹でたら、

流水に取り冷まします。

水は何回も変えてきれいなお水にさらします。

 

内側の太い筋はキレイに取り除いていきましょう。

これが一番大事!食感にも影響します!

なんだか黙々と作業していると、修業時代を思い出します…

 

冷めた柚子はそのまま水の中に入れて

冷蔵庫で1~2日おきます。

1~2日後、柚子をザルにあけてキッチンペーパー等で良く水を切ります。

鍋に水・砂糖・ザラメ砂糖を入れて火にかけ、

砂糖を溶かしシロップを作って置きます。

  • 柚子   5個
  • 三温糖  170g
  • ザラメ 100g
  • 水    650cc

 

別の鍋に柚子を並べて、そこにシロップを入れ、

弱火でシロップが柚子と同じくらいの高さになるまで煮詰めます。

煮詰めたら出来上がり~!

粗熱を取って、冷蔵庫で冷やします。

艶々でなかなか良い出来ですね~!(^^)!

シロップはとっておいて、ヨーグルトにかけたり、

お湯で溶かして飲んだり活用してください!

こんな感じで盛り付けました。

おせち料理の一品として、よく出されますが、

お茶請けとして出したりすると喜ばれるかと思います。

柚子の皮が手間をかけると

こんなにもキレイに透き通って

ゼリーのような食感になり、驚きです!

美味しく頂きました。

ご馳走様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください