駈の精進料理~庄内麩の八幡巻き~

こんにちは!手間駈です。

今日は、THE 精進料理の一品を紹介します。

庄内麩の八幡巻きです。

庄内麩を水で戻して牛蒡を巻いたお料理です。

 

では、庄内麩・牛蒡を用意します。

 

15㎝位の長さの牛蒡を縦に切って柔らかく下茹でしてから、

昆布だし・醤油・みりんで煮て、

牛蒡に味をつけておきます。

 

バットに水を張り、庄内麩を浸して戻します。

ふやかすと筒状になっているので、

輪の片方を包丁で切って観音開きにします。

こんな感じです。

キッチンペーパーなどで水気を良く拭き取っておきましょう。

戻した庄内麩を半分に切って

先ほどの昆布だし・醤油・みりんで煮た牛蒡

6本くらい並べて、しっかりと巻いていきます。

巻きあがったら水で戻した干瓢(かんぴょう)で止めていきます。

今回は3か所にしました。

良く水気を取ってから、油で揚げていきます。

表面がカリッとしたら油から取り出します。

こんな感じで油を切ってから、

酒・醤油・みりん・砂糖をフライパンで

照焼き風に焼いて味を絡めていきます。

仕上げに、粉山椒を振り掛け完成です!!

後は、盛り付けです。

久しぶりに織部の器を使いました。

アスパラも少しあまっていたので巻いてみました!

甘辛く、山椒の風味があって、

とっても美味しく頂きました。

ご馳走様でした!(^^)!

いつも思うことですが、

精進料理は「ばえない」ですね~・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください