駈の精進料理~いこみごぼう~

こんにちは!手間駈です。

太いごぼうを見つけてつい買ってしまいました。

昔、京都の堀川ごぼうを良く使っていた事を思い出して、

いこみごぼうを懐かしくチャレンジすることに!!

ワクワクします。

まずは、下処理から開始。

ごぼうは流水をかけながら、たわしで皮の表面をこすり、泥を洗い落します。

汚れが残っている部分は、包丁の峰でこそげ取ります。

10cmほどの長さの輪切りにし、切ったらすぐに酢水に30分~1時間つけます。

糠も用意してたっぷりの水からごぼうを茹で、竹串が通るぐらいの固さになったら、

水にさらして、糠臭さを取るために再び茹でます。

 

ごぼうの真ん中にある「す」の部分を切り取ります。

又はごぼうの内側にある輪に沿って、中をくりぬきます。

ごぼうの中を奇麗にしたら、一度下味をつけます。

昆布だし10 酒0.5 みりん1 薄口醤油1 砂糖少々

味を含ませたら汁気を切って置きます。

煮汁は再度使うので取っておきます。

ごぼうにいこむ物を用意します。

水を切った木綿豆腐・すりおろした山芋 塩少々

山芋の分量は豆腐の重さの10%です。

豆腐・山芋をフードプロセッサーで混ぜます。

ごぼうの中に入れる食材の完成です!

 

今回は合わせた豆腐の生地を、ケーキ用のしぼり袋とかで中に入れました。

奇麗に入りました(笑)

再度、沸いた煮汁に静にごぼうを入れて煮ていきます。

沸騰しないようコトコト煮ていきます。

(沸騰すると中の豆腐が出てきてしまいます。)

煮あがったごぼうです。いい感じに味が含みました。

切り分けて器に盛り、

煮汁をくず粉でとろみをつけて掛けました。

スナップエンドウと辛子を添えて完成です!!

味の含み加減が丁度よく柔らかく仕上がりました。

たまたま、出会った太いごぼうでしたが楽しく調理できました。

ご馳走様でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください